その場でURLエンコード・デコード!Excelで変換も!

その場でURLエンコード・デコード!Excelで変換も!

その場でURLエンコード・デコード

①デコード/エンコードを選択してください

エンコードする(エク短 → %E3%82%A8%E3%82%AF%E7%9F%AD
デコードする (%E3%82%A8%E3%82%AF%E7%9F%AD → エク短

②デコードする文字列を入力し、「変換する」ボタンをクリックします

③結果が表示されます

Excelで日本語のみURLエンコードする方法

Excelで日本語のみURLエンコードする方法について説明をします。

Excelにこのような日本語交じりのURLを用意し、関数とVBAを使い日本語のみURLエンコードを行っていきます。

まず、ExcelではENCODEURL関数が用意されいますので、こちらを使うことでURLエンコードができます。
けれど、ENCODEURL関数をそのままサンプルの入力パターンに適用すると、

このように半角記号の部分もエンコードされてしまいます。

そこで関数にある条件を加えて、再度実行します。

はい、日本語のみエンコードされましたね。

さらに関数のほかにVBAでも同じ結果となる処理を行っていきます。

カスタムで改行している場合のURLエンコード処理にも対応していきます。

URLかつ日本語のみがエンコードされていますね!

続きについてはこちらの記事に記載していますので、
よろしければご参照ください。

Excelで日本語のみURLエンコードする方法!関数の他VBAも!



この記事の関連キーワード

こちらの記事の関連キーワード一覧です。クリックするとキーワードに関連する記事一覧が閲覧できます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です