VBA エラー 35「Sub または Function が定義されていません。」の原因と対処方法

VBAを実行するとVBA エラー 35「Sub または Function が定義されていません。」を見る機会はありませんか?

コードをみても誤った箇所がわからず途方に暮れる場合もあるかと思います。

そんな中で悩むことは、

・VBA エラー 35「Sub または Function が定義されていません。」の原因はなに?
・VBA エラー 35「Sub または Function が定義されていません。」の対処はどうすればよい?

ではないでしょうか?

今回は、
VBA エラー 35「Sub または Function が定義されていません。」の原因とサクっとできる対処方法について
まとめます!



VBA エラー 35「Sub または Function が定義されていません。」はどんなエラー?

Sub、Function、または Propertyプロシージャが定義されていないか、呼び出し先のプロシージャが存在しないときに発生します。

仮組したプロシージャを呼び出したい時に良く起きるエラーですね。

呼び出し先のプロシージャ名が間違っているという単純なミスである場合がほとんどなのではないでしょうか。



VBA エラー 35の原因①「プロシージャの名前のスペルが誤っている」

プロシージャの名前のスペルが誤っているときにエラー 35が発生します。

「そんなプロシージャは存在しないよ!」

と怒られているわけですね。

以下サンプルコードです。

Sub エラーテスト1()

    Call 誤った呼び出し先プロシージャ

End Sub

Sub 呼び出し先プロシージャ()

    MsgBox "呼び出されました"

End Sub

呼び出し先プロシージャのスペルが違うので、エラーとなりますね。



VBA エラー 35の原因①「プロシージャの名前のスペルが誤っている」の対処方法は存在するプロシージャ名を確認し、修正

プロシージャの名前のスペルが誤っている場合の対処方法は

存在するプロシージャ名を確認し、そのプロシージャ名に訂正をしましょう。



さいごに

今回は、
VBA エラー 35「Sub または Function が定義されていません。」の原因とサクっとできる対処方法について
まとめました。

VBAのエラーはパターンを知っておくと発生した時に慌てず対応することができますので、

しっかりと対処方法を把握するようにしておきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です