エクセルで数値を千円・百万円単位で表示させる方法|基本、ショートカット、VBA

財務・会計などの表作成時に千円・百万円単位で金額を表示させたいときはないでしょうか。


けど、そんな中で悩むことは、

・エクセルで数値を千円・百万円単位で表示させるやり方がわからない。
・ショートカットやVBAで効率的に行いたいがやり方がわからない。

ですよね。

今回はそんなお悩みを解決する
エクセルで数値を千円・百万円単位で表示させる方法について
まとめます!


エクセルで数値を千円・百万円単位で表示させる基本操作

以下の表にて、単位を千円・百万円単位にします。



単位を変換する対象のセルを選択します。



[ホーム]タブを選択します。



[セル]グループの[書式]>[セルの書式設定]を選択します。



[表示形式]タブ>分類[ユーザー定義]を選択します。



種類に千円単位の場合は「#,##0,」、百万単位の場合は「#,##0,,」と入力します。



・「#,##0」 :3桁区切りの数値を表します。


・「,」:下3桁を省略する意味となります。「,」を増やすとさらに3桁省略されていきます。


「OK」をクリックし、単位が変換されたことを確認します。


千円単位



百万単位


タカヒロ
タカヒロ
桁を減らした場合は、千円単位、百万円単位など注釈をいれたほうがよいですね。
もしくは単位を表記に含めるのもオススメです。


千円単位


ユーザー定義の種類に「#,##0″千円”」と入力します。



百万円単位


ユーザー定義の種類に「#,##0″百万円”」と入力します。





エクセルで数値を千円・百万円単位で表示させるショートカット

エクセルで数値を千円・百万円単位で表示させるショートカットは以下の順序で実施します。


数値を千円・百万円単位で表示させたいセルを選択


Alt + H


Alt + O


Alt + E


セルの書式設定表示形式タブを表示し、上記手順にて手動入力します。


もしくは


数値を千円・百万円単位で表示させたいセルを選択


メニューキー(キーボード右下のWindowsキー右隣ののようなアイコンのキー)


F


セルの書式設定表示形式タブを表示し、上記手順にて手動入力します。




エクセルで数値を千円・百万円単位で表示させるVBA

指定範囲のセルに対して千円単位となる書式設定を反映


Rangeで書式コピー元となるセル”C2:H6″を選択します。

次に数値の書式であるNumberFormatLocalプロパティに”#,##0,”を設定します。

Sub 指定範囲のセルに対して千円単位となる書式設定を反映()

    '指定範囲のセルの数値フォーマットを指定
    Range("C2:H6").NumberFormatLocal = "#,##0,"
    
End Sub

実行結果です。

Sub 指定範囲のセルに対して千円単位となる書式設定を反映_単位表記追加()

    '指定範囲のセルの数値フォーマットを指定
    Range("C2:H6").NumberFormatLocal = "#,##0,""千円"""
    
End Sub

実行結果です。




指定範囲のセルに対して百万円単位となる書式設定を反映


Rangeで書式コピー元となるセル”C2:H6″を選択します。

次に数値の書式であるNumberFormatLocalプロパティに”#,##0,,”を設定します。

Sub 指定範囲のセルに対して千円単位となる書式設定を反映()

    '指定範囲のセルの数値フォーマットを指定
    Range("C2:H6").NumberFormatLocal = "#,##0,,"
    
End Sub

実行結果です。

Sub 指定範囲のセルに対して千円単位となる書式設定を反映_単位表記追加()

    '指定範囲のセルの数値フォーマットを指定
    Range("C2:H6").NumberFormatLocal = "#,##0,,""百万円"""
    
End Sub

実行結果です。



VBAの実装手順

実装手順は以下の通りです。

今回はExcel側にこのVBAを実装します。

①Excelを新規に開き、「開発」タブをクリックし、「VisualBasic」をクリックします。
もしくはショートカットキー「Alt」+「F11」でもOKです。

②標準モジュールを追加します。
左ペインのVBAProjectを右クリックし、「挿入」、「標準モジュール」を選択します。

③右ペインのウインドウに上記のVBAを入力します。

こちらで完了です。

VBAを実行する

では早速VBAの実行をしてみましょう。

①「開発」タブの「VBA」をクリックし実行したいマクロを選択し、「実行」をクリックします。

②処理がされたことが確認できれば完了です。
 ※完了メッセージやステータス管理など必要に応じて実装してもらえばと思います。


さいごに

いかがでしょうか。

今回は、
エクセルで数値を千円・百万円単位で表示させる方法について
まとめました。

また、他にも便利な方法がありますので、よろしければご参照頂ければと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です