Excelで非表示の行/列を一括で再表示させる方法!VBAで複数シートも対応可!

Excelで非表示の行/列を一括で再表示させたいときはないでしょうか。

けど、そんな中で悩むことは、

・Excelで非表示の行/列を一括で再表示させたいが方法がわからない
・ブックにあるすべてのシートの非表示の行/列を一括で再表示させたいが方法がわからない

ですよね。

今回はそんなお悩みを解決する

・Excelで非表示の行/列を一括で再表示さる方法
・Excel VBAでブックにあるすべてのシートの非表示の行/列を一括で再表示させる方法

についてまとめます!

Excelで非表示の行/列を一括で再表示さる基本操作

Excelで非表示の行/列を一括で再表示さる基本操作について説明をします。

まずは、サンプルの表を用意し、

次に行と列の一部を非表示にします。

次に画面左上の右下矢印のアイコンをクリックし、全選択をおこないます。

列のエリアを右クリックし、再表示を選択します。

同じく行エリアを右クリックし再表示を選択します。

これで、すべての行と列が表示されました。

タカヒロ
タカヒロ
カンタンですね。

非表示の行/列を一括で再表示させるVBA

次はVBAを使い、非表示の行/列を一括で再表示させていきます。
対象を別シートにしたり、ブック全体のシートにすることもできますので、手作業がグッと減らすことができます。

サンプル表を複数シート用意します。

それぞれ行と列を非表示にしていきましょう。


表示シートの非表示の行/列を一括で再表示させるVBA

表示シートの非表示の行/列を一括で再表示させるVBAについて説明をします。

VBAコード

サンプルコードは以下の通りです。

Sub シートすべての行と列を再表示させる()
    Cells.EntireColumn.Hidden = False
    Cells.EntireRow.Hidden = False
End Sub

VBAを実装する

VBAの実装方法については
VBAの実装手順
をご参照ください。

VBAを実行する

VBAを実行してみましょう。

はい、今選択しているシートの非表示の行/列を一括で再表示できましたね。

VBAの説明

Cellsコレクションを使用することにより、すべてのセルを対象にすることができます。
列のプロパティ「EntireColumn」と行のプロパティ「EntireRow.」のHiddenプロパティをFalseにすることにより再表示の指定ができます。

Cells.EntireColumn.Hidden = False
Cells.EntireRow.Hidden = False
書式 Object.EntireRow
Object.EntireColumn
説明 EntireRow プロパティは指定セル、範囲オブジェクトの行全体を取得します。
EntireColumn プロパティは指定セル、範囲オブジェクトの列全体を取得します。

指定シートの非表示の行/列を一括で再表示させるVBA

続いて、指定シートの非表示の行/列を一括で再表示させるVBAについて説明をします。

サンプルの表は前と同じものを使用しますが、今回対象とするシートは「Sheet2」です。

VBAコード

指定シートの非表示の行/列を一括で再表示させるコードは以下の通りです。

Sub 指定シートすべての行と列を再表示させる()

    Sheets("Sheet2").Cells.EntireColumn.Hidden = False
    Sheets("Sheet2").Cells.EntireRow.Hidden = False

End Sub

VBAを実行

VBAを実行してみましょう。

「Sheet2」シートだけが再表示されましたね。

VBAの説明

前回のコードにSheetsコレクションに引数”Sheet2″を指定し、加えることによりシートを指定することができます。

Sheets("Sheet2").Cells.EntireColumn.Hidden = False
Sheets("Sheet2").Cells.EntireRow.Hidden = False

すべてのシートの非表示の行/列を一括で再表示させるVBA

最後にブックに存在するすべてのシートの非表示の行/列を一括で再表示させるVBAについて説明をします。

サンプルの表を複数シート分用意し、行と列を非表示にしていきます。ょう。


VBAコード

すべてのシートの非表示の行/列を一括で再表示させるVBAコードは以下の通りです。

Sub ブックにあるすべてのシートの行と列を再表示させる()
    Dim objWorksheet As Worksheet

    'Worksheetsコレクションから1シートづつ取得します。
    For Each objWorksheet In Worksheets
        'シートの行と列を再表示させます。
        objWorksheet.Cells.EntireColumn.Hidden = False
        objWorksheet.Cells.EntireRow.Hidden = False
    Next

End Sub

VBAを実行

VBAを実行してみましょう。

はい、すべてのシートの非表示の行/列を一括で再表示されていますね!


VBAの説明

For EachでWorksheetsコレクションから1シートづつオブジェクトを取得します。

For Each objWorksheet In Worksheets

取得したシートの行と列を再表示させます。

objWorksheet.Cells.EntireColumn.Hidden = False
objWorksheet.Cells.EntireRow.Hidden = False

VBAの実装手順

実装手順は以下の通りです。

Excel側にVBAを実装していきます。

①Excelを新規に開き、「開発」タブをクリックし、「VisualBasic」をクリックします。
もしくはショートカットキー「Alt」+「F11」でもOKです。

②標準モジュールを追加します。
左ペインのVBAProjectを右クリックし、「挿入」、「標準モジュール」を選択します。

③右ペインのウインドウに上記のVBAを入力します。

こちらで完了です。

VBAを実行する

では早速VBAの実行をしてみましょう。

①「開発」タブの「VBA」をクリックし実行したいマクロを選択し、「実行」をクリックします。

②処理がされたことが確認できれば完了です。

さいごに

いかがでしょうか。

今回は、

・Excelで非表示の行/列を一括で再表示さる方法
・Excel VBAでブックにあるすべてのシートの非表示の行/列を一括で再表示させる方法

についてまとめました。

また、他にも便利な方法がありますので、よろしければご参照頂ければと思います。



この記事の関連キーワード

こちらの記事の関連キーワード一覧です。クリックするとキーワードに関連する記事一覧が閲覧できます。





タカヒロ

ドラッカーの名言「強みを生かす」の自分の「強み」をツールでサクッと診断してみました。

結果は意外でした…

ストレングスファインダー診断結果公開!NGな点もまとめ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です