インストール不要!一瞬で2つのExcelブックの中身を比較(Diff)する方法

エクセル内のデータを比較して差分を調べることはないでしょうか。

特に項目数やデータの量が多ければ多いほどチェックが大変だし、時間もかかりますよね。

この間、関わっていたプロジェクトの大幅な仕様変更にともない、各担当チームのスケジュールとWBSを見直さなければならないことがありました。

そのとりまとめを託された新卒2年目のA君。

各チームから提出されたWBSの変更点を統合版WBS(Excel)へまとめようとするも、どこがどう変わったかわからず1日中悩んでいました。


終業間際、A君は私に相談しに来ました。

A君「とりあえず統合版WBSへまとめましたが、漏れがないか不安です。チェックしてもらえますか。」

私「各チームの更新前と更新後のWBSってある?」

A君「あります。各チームごとにフォルダがわかれていて、その中の日付が入っているExcelファイルが更新前、無しが更新後です。」

私「ExcelのDiffツールで更新差分みてみようか。「WinMerge」とか入ってる?」

A君「いいえ、入っていません。インストールするにも申請が必要で明日の報告会には間に合わないです。どうしよう(脇汗)」

私「じゃー、インストール不要なのググって探してみようか。」

A君「ありました。「AiperDiffex」ってやつです。」

A君「えっと、ダウンロードして、実行、で、更新前と更新後ファイルを選択っと」

A君「お、でました!」

私「転記もれいっぱいやん。。」

A君「すみません!!すぐ見直します!」

ということで、この後1時間ぐらいでWBSの更新が無事おわりました。

今回は救世主であったインストール不要のExcel差分チェックツール「AiperDiffex」をご紹介したいと思います。



「AiperDiffex」とは

「AiperDiffex」は、以下のフォーマットのデータを比較することができます。
・「Microsoft Excel」で作成されたファイル
・「Microsoft Word」で作成されたファイル
・クリップボードにコピーしたデータ(表形式 or テキスト形式)
・プリンタ「Microsoft XPS Document Writer」に出力したファイル(XPSファイル)
また、比較した結果を色違いで画面に表示する為、相違点が一目で分かります。

詳細な機能は以下の通りです。
http://www.aiper.info/AiperDiffex/

<AiperDiffexの主な機能>

1.Excelファイルの比較
・Excelファイルをシート単位で比較
・比較する方向を指定して比較
・タイトルが一致するデータを比較
・キーとなる項目が一致するレコードを比較
・比較結果を色違いで画面に表示
・比較結果の差分を実際のExcelファイルに反映
・比較結果の画面から、選択したセル(Excelファイル)へジャンプ
・比較結果の画面から、同一の条件で再比較
・比較結果の差分からExcelファイルを作成

2.Wordファイルの比較
・Wordファイルをファイル単位で比較
・比較結果を色違いで画面に表示
・比較結果の差分を実際のWordファイルに反映
・比較結果の画面から、選択したテキスト(Wordファイル)へジャンプ
・比較結果の画面から再比較

3.クリップボードの比較
・クリップボードのデータを比較
・比較する方向を指定して比較
・タイトルが一致するデータを比較
・キーとなる項目が一致するレコードを比較
・比較結果を色違いで画面に表示
・比較結果の差分からExcelファイルを作成

4.XPSの比較
・XPSファイルをページ単位で比較
・比較結果を色違いで画面に表示
・比較結果の差分からXPSファイルを作成

ダウンロード

以下のリンクより、最新版の「Aiper Diffex」がダウンロードできます。
http://www.aiper.info/download/AiperDiffex_ver5.00.zip


早速使ってみましょう

今回題材とするのはexcelで作られたWBS、いわゆる工程管理表です。
変更前ブックと変更後ブックを用意しサクっと差分比較してみたいと思います。

<変更前ブック>

<変更後ブック>

①ダウンロードしたファイルから「AiperDiffex.exe」を実行します。

②比較するファイルを選択し、「ファイル読込」をクリックします。

③比較するシートを選択します。シート名が異なるときは「個別選択」を選択してください。終わったら「シート設定」をクリックします。

④比較方式を選択し、「比較実行」をクリックします。

⑤はい!比較が完了しました!!
差分がある箇所は緑色で協調されます。
比較元は青ですね。追加された箇所は比較元に存在しないので緑色のみとなります。



比較対象ブックの修正を行い再度比較しましょう

①「Excel反映」をクリックします。

②比較対象ファイルの背景色変更の警告が表示されますので、確認の上「はい」をクリックします。背景色を変更したくない場合は「いいえ」でキャンセルしてください。

③背景色がExcelに反映されました。スタイルが変わるので要注意ですね。

④担当者を変更して再度比較します。

⑤はい、変更箇所がツールに反映されましたね。

こうして修正箇所も即座に確認することができますので効率よく更新と確認ができます。



さいごに

Excelファイルの比較作業は、一人作業の場合、数値や項目の抜け漏れ、転記ミスは必ず起こります。こういう機械的な作業はやはりツールを利用して確認作業を短縮し、確実なものにしていきたいですね。
今回の「AiperDiffex」は無料かつインストール不要で実行できますので、ぜひ活用してもらえばと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です