ダウンロード とインストールの違いはなに?それぞれの意味を詳しく説明!

はじめに

この記事では、コンピューター用語の「ダウンロード」と「インストール」の違いについて詳しく説明します。

一見似ているこれらの工程は、実際には異なるステップと目的を持っています。

エクセルアプリケーションの使用を例に、これらの違いをサクッと把握していきましょう!

ダウンロードとは

ダウンロードとは、インターネットや他のネットワークからデータを自分のパソコンにコピーすることです。

例えば、エクセルアプリケーションをダウンロードする場合、EdgeやchromeなどからMicrosoftの公式サイトや他のソフトウェア配布サイトへアクセスし、エクセルのセットアップファイルを自分のパソコンにコピーされます。

最近のブラウザではダウンロードの進捗状況がアイコンで表示されますので、ダウンロードの状態が視覚的に把握することができます。

ダウンロードの途中ではパソコンではどのようなファイルであるか認識することができないので、ファイルは開くことはできませんが、完了すると該当するファイル形式のアイコンに置き換わり、ファイルを開くことが可能になります。

タカヒロ
タカヒロ
エクセルのセットファイルがのダウンロードが完了した時点では、まだ自分のパソコンにエクセルは入っていません。

インストールとは

インストールは、ダウンロードされたファイルを実行可能なソフトウェアとしてパソコンに組み込むことです。

エクセルアプリケーションの場合、ダウンロードしたセットアップファイルを実行し、指示に従うと必要なファイルのコピー、設定の調整などが行われ、パソコンにエクセルが入っていきます。

パソコンへのインストールが完了すると、エクセルはパソコンから起動できる状態になります。

この状態を「インストールが完了した」ということができます。

ダウンロードとインストールの主な違い

ダウンロードはファイルを取得する行程であり、インストールはそのファイルを使ってアプリケーションをパソコンに入れる工程です。

エクセルアプリケーションの場合、ダウンロードはパソコンに入れるためのセットアップファイルをパソコンに保存することを意味し、インストールはそのファイルを使ってエクセルを実際に動作させる準備をすることを意味します。

タカヒロ
タカヒロ
つまり、インストールが完了して、初めてアプリケーションが使える状態になるということです。

ダウンロードだけで十分な場合とインストールが必要な場合

一部のアプリケーションやデータはダウンロードのみで使用できますが、多くの場合、ソフトウェアを完全に機能させるにはインストールが必要です。

エクセルアプリケーションでは、プログラムを使うためにはインストールが必須ですが、
エクセルのテンプレートや表やグラフが入っているエクセルブックなどのファイルはダウンロードのみで利用できます。

エクセルをインストールしなくてもエクセルファイルが開ける理由

エクセルをインストールしなくてもエクセルファイルが開ける場合があります。

理由としては主に以下の点があげられます。

  1. オンラインスプレッドシートサービスの利用
    Googleスプレッドシートのようなオンラインスプレッドシートサービスは、インターネットブラウザ上で動作し、Microsoft Excelファイルを直接開いて編集することができます。
    これらのサービスはクラウドベースで動作するため、エクセルをPCにインストールする必要がありません。
  2. Office互換製品の存在
    LibreOfficeやApache OpenOfficeのようなオープンソースのOffice互換製品は、エクセルファイルの開閉や編集をサポートしています。
    これらの製品は無料で利用でき、多くの基本的な機能を提供し、エクセルとのファイル互換性を持っています。

    タカヒロ
    タカヒロ
    パソコンを購入するときにOffice互換という文字が入っていますが、これらのツールを意味しています。

  3. ファイルフォーマットの互換性
    エクセルファイル(主に.xlsx.xls形式)は、多くの非Microsoft製品でもサポートされています。これにより、ユーザーはエクセルをインストールせずとも、これらのファイルを開いて作業することが可能です。
  4. クロスプラットフォームサポート
    いくつかのプログラムやアプリケーションは、さまざまなオペレーティングシステムでエクセルファイルをサポートしています。
    例えば、AppleのNumbersやGoogleスプレッドシートはiOSやAndroidデバイスでもエクセルファイルを扱うことができます。

このように、エクセルファイルを開くためには必ずしもMicrosoft Excelをインストールする必要はなく、他の代替手段やスマホなど別環境でも利用可能です。

まとめ

この記事では、ダウンロードとインストールの違いと、それらがエクセルアプリケーションにどのように適用されるかを解説しました。

一般的に、ダウンロードはファイル取得の手段であり、インストールはそのファイルを使用してアプリケーションをセットアップする手段です。

この知識を活用して、ソフトウェアの管理をより効率的に行いましょう。



この記事の関連キーワード

こちらの記事の関連キーワード一覧です。クリックするとキーワードに関連する記事一覧が閲覧できます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です