「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」の原因と対処法

マクロ有効ブックを開いたところ「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」が表示され困ったことはないでしょうか。

けど、そんな中で悩むことは、

・「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」の原因と対処法がよくわからない

ですよね。

今回はそんなお悩みを解決する

・「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」の原因と対処法

についてまとめます!

「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」の内容

マクロ有効ブックを開くリボンメニューの下に以下のセキュリティの警告「マクロが無効にされました。」が表示され、
セキュリティの警告「マクロが無効にされました。」

マクロを実行すると以下のメッセージが表示され、マクロが実行できない状態になります。

このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。マクロを有効にする方法についてはオンライン ヘルプまたはホスト アプリケーションのドキュメントを参照してください。
このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。マクロを有効にする方法についてはオンライン ヘルプまたはホスト アプリケーションのドキュメントを参照してください。

「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」が表示される原因

「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」が表示される原因は

マクロセキュリティにより危険なコードが実行される可能性があるものとして判断されたためです。

たとえばインターネットからダウンロードしたマクロ有効ブックや、ほかのPCで作成した

デジタル署名が入っていないマクロ有効ブック、また復元したマクロ有効ブックなどが該当します。

また、Excel以外にもWordやOutlookでも表示がされます。

タカヒロ
タカヒロ
いわゆるOfficeのセキュリティチェックに引っかかってしまった状態であるというわけです。

「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」の対処法

「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」の対処法はマクロのセキュリティ設定を変更します。

リボンメニューの「開発」タブの「マクロのセキュリティ」をクリックします。
リボンメニュー

もしくはリボンメニューの「ファイル」タブ>「その他」>「オプション」をクリックし、

「トラストセンター」>「トラストセンターの設定」からでも入れます。

左ペインの「マクロの設定」ボタンをクリックし、「マクロの設定」 で、「VBAマクロを有効にする」を選択し、「OK」をクリックします。
マクロの設定

仕上げにExcelブックを閉じて、再度開きます。

マクロ無効化の警告が消え、マクロが実行できれば設定完了です!

タカヒロ
タカヒロ
すでに「VBAマクロを有効にする」にチェックが入っている状態でマクロが実行できない場合は、一度Excelブックを閉じて、再度開きなおしてください。

 

さいごに

いかがでしょうか。

今回は、

・「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。」の原因と対処法

についてまとめました。

また、他にも便利な方法がありますので、よろしければご参照頂ければと思います。



この記事の関連キーワード

こちらの記事の関連キーワード一覧です。クリックするとキーワードに関連する記事一覧が閲覧できます。




タカヒロ

プログラミングやマーケティングなどに興味あるけど
どのスクールが良いか悩むときはないですか?

タカヒロもスクール選びにとても苦労しました…

そんな時には数ある中から第三者目線でいまの貴方に合ったスクールを提案してくれるスクマドのカウンセリングサービスがおすすめです。

メリットだけでなくディメリットもズバリと伝えてくれます!

これでお悩み時間を短縮できますね!詳細は☟になります。

※完全無料です。ご安心ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です