Excelワークシート関数を使いChatGPTの回答を出力する方法!

Excelワークシート関数を使いChatGPTの回答を出力する方法!

ExcelのセルにChatGPTの回答を出力したいときはないでしょうか。

けど、そんな中で悩むことは、

・ExcelのセルにChatGPTの回答を出力したいが方法がよくわからない
・Excelワークシート関数を使いChatGPT APIと連携する方法が知りたいがどこにもない

ですよね。

今回はそんなお悩みを解決する

・ExcelのセルにChatGPTの回答を出力する方法
・Excelワークシート関数を使いChatGPT APIと連携する方法

についてまとめます!

ExcelのセルにChatGPTの回答を出力するイメージ

ExcelのセルにChatGPTの回答を出力するイメージについて説明をします。

まず、Excelを用意します。

E1セルに質問内容を入れ、となりのF1セルへワークシート関数をいれると、ChatGPTの回答結果が表示されます。

関数をコピペすれば他のセルもラクラク回答できます!

使いたい関数をわすれてしまったり、ちょっと調べものをしてExcelにまとめたいときなどに便利ですね!

それでは早速実装して、使ってみましょう。

タカヒロ
タカヒロ
なお、今回ExcelでChatGPTを使うにあたり、何かを追加インストールしたり、拡張機能を追加したりすることはありません。今お使いのExcelだけあればOKです!

前回のVBA版と今回のワークシート関数版との違い

前回のChatGPT APIと連携するVBAと今回のワークシート関数版の違いについて説明をします。

ExcelにChatGPTの回答を出力する方法!VBAでAPI連携!

前回はサブプロシージャとして実装したコードとなるため、Excelではマクロとして認識されます。

ただこの場合は使いたいときに随時マクロを実行しなければいけない手間がありました。

そこで今回はワークシート関数としてコードを実装し、セルに数式を入れれば、

即時にChatGPTの結果が表示されるようにし、マクロを実行する手間をなくしていきます。

タカヒロ
タカヒロ
ワークシート関数版のディメリットもありまして、関数を数多く実装すると処理が長くなってしまうのと、再計算時にも処理が走りますので、処理回数が多くならないよう注意してください。

ExcelのセルにChatGPTの回答を出力する方法

ChatGPT連携元のExcelファイルを用意

まずは、ChatGPTの連携元となるExcelファイルを用意しましょう。

続いてE1セルまたは任意のセルに質問内容を入れます。

ChatGPTのAPIキーを取得

今回使うChatGPTのAPIキーを取得しましょう。

API keys発行ページへアクセスします。

タカヒロ
タカヒロ
初回ログインの場合はアカウントを登録してください。

「Create new secret key」をクリックし、出力されたAPIキーをメモします。

タカヒロ
タカヒロ
発行されたAPIキーは画面を閉じた後は見られなくなりますので、しっかり記録するようにしましょう。また、外部に漏れないよう注意しましょう。

ChatGPTのAPIを使う上での注意点

ChatGPTのAPIを使う上での注意点を先にお伝えします。

ChatGPTのAPIは利用していくと料金が発生する仕組みになっています。ですので、発行したAPIを数多く使ったり、第三者に共有し、不特定多数の人達に利用されたりすると知らぬ間に費用が多額になってしまっている可能性がありますので、十分注意してください。

ただ、初回登録時は18ドルの無料枠がありますので、それを超えない分量であれば料金は発生することはありません。

今どれぐらい使っているかを確認する方法はUsageページから確認することができますので、随時確認するようにしましょう。

ChatGPT APIと連携するワークシート関数のVBAコード

ChatGPT APIと連携するワークシート関数のVBAコードは以下の通りです。

Function EXTGPD(strInput As String)
 
    Dim objhttp As Object
    Dim APIKey As String
    Dim strTextToPredict As String
    Dim strRequestBody As String
    Dim strResponse As String
    Dim strModel As String
    Dim temp As Variant
    Dim temp2 As Variant
    Dim i As Integer
    Dim intMaxTokens As Integer
 
    'APIキーを入力します。
    APIKey = "sk-***********************************************"
    
    'ChatGPTのAPIから出力される最大文字数を指定します。
    intMaxTokens = 1000
    
    'ChatGPT APIのモデルを指定します。
    strModel = "text-davinci-003"
 
    'ChatGPTへの質問内容を取得します。セル改行コードは"\n"に置き換えます。
    strTextToPredict = Replace(strInput, Chr(10), "\n")
 
    'リクエスト先のURLを設定します。
    apiUrl = "https://api.openai.com/v1/completions"
    
    'XMLHTTPオブジェクトをセットします。
    Set objhttp = CreateObject("MSXML2.XMLHTTP")
    
    With objhttp

        'リクエストのヘッダーを設定します。
        .Open "POST", apiUrl, False
        .setRequestHeader "Content-Type", "application/json"
        .setRequestHeader "Authorization", "Bearer " & APIKey
     
        ' リクエスト文を作成します。
        strRequestBody = "{""model"":""" & strModel & """, ""prompt"":""" & strTextToPredict & """, ""max_tokens"":" & intMaxTokens & ", ""temperature"":0.5, ""top_p"":1}"
        
        'リクエストを送信します。
        .send strRequestBody
        
        'APIからのレスポンスが返るまで待ちます。
        Do While .readyState <> 4
            DoEvents
        Loop

        'レスポンス情報をデバッグします。不要であれば削除してください。
        Debug.Print .responseText
     
        'レスポンスのテキスト情報をExcel出力用変数に代入します。
        strResponse = .responseText
    
    End With
    
    'Json形式のデータの内回答テキストがある位置から分割します。
    temp = Split(strResponse, "\n\n")
    
    '配列数を取得します。
    intCount = UBound(temp)

    '配列分処理を繰り返します。
    For i = 1 To intCount
        
        If i = intCount Then
            '最後の回答を代入します。
            temp2 = Split(temp(i), """,""")
            strOutput = strOutput & Chr(10) & Replace(Replace(temp2(0), "\n", Chr(10)), "\", "")
        Else
            '最後の回答以外を代入します。
            strOutput = strOutput & Chr(10) & Replace(Replace(temp(i), "\n", Chr(10)), "\", "")
        End If
        
    Next i
    
    '関数に回答内容を渡します。
    EXTGPD = strOutput
    
 
End Function

タカヒロ
タカヒロ
出力処理のところがパターン拾えていない可能性あり、不具合があればコメントいただければと存じます。
また、コードを別メディアなどで再公開する場合はこのページのリンクを張ってもらえると嬉しいです。

VBAを設定する

VBAを設定していきましょう。

先ほどメモしたAPIキーを入力します。

APIKey = "sk-****************************************************"

ChatGPTのAPIから出力される最大文字数を指定します。指定文字数が少ないと回答が途中で切れてしまう場合がありますので、注意してください。

intMaxTokens = 1000

ChatGPT APIのモデルを指定します。今回はGPT-3を対象にしています。新しいモデルが出た場合はこちらを変更してください。

strModel = "text-davinci-003"

VBAの実装

VBAの実装方法については
VBAの実装手順
をご参照ください。

ワークシート関数からChatGPTを実行する

アメリカ合衆国の歴代大統領をきいてみる

まずはかんたんなアメリカ合衆国の歴代大統領をきいてみましょう。

質問内容をE1セルへ入力します。

アメリカ合衆国の歴代大統領を在籍年付きで教えてください。

大統領名の他に年号も含めるよう質問してみました。

以下の数式を入れます。

=EXTGPD(E1)

結果です。

はい、しっかり回答ができていますね!

ちょっと考えてもらう質問をしてみる

次はちょっと考えてもらうパターンの質問をしてみましょう。以下の質問をE2セルへ入力します。

おすすめのExcel関数を説明付きで5個教えてください。

おすすめの基準はChatGPTにお任せしています。

以下の数式を入れます。

=EXTGPD(E2)

はい、こちらもどことなく合っている回答ができていますね!

タカヒロ
タカヒロ
ちなみに、同じ質問を繰り返すと違う回答がかえってきますので、回答は内容をメモしておくとよいでしょう。

コードを作ってもらう

ChatGPTはコードを書くことができます。
コードを書いてもらう質問をE3セルへ入力します。

1から10までを合計した値をメッセージで出力するVBAコードをください。

以下の数式を入れます。

=EXTGPD(E3)

出てきたコードはこちらです。

Sub test()
    MsgBox "1から10までの合計は" & WorksheetFunction.Sum(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10) & "です"
End Sub

実行してみましょう。

はい!しっかり機能していますね!!

英語を日本語に翻訳してもらう

ChatGPTは英語を日本語に翻訳することも得意です。

質問内容と英文をE4セルへ入力します。

この英文を日本語に訳してください。

I am currently studying VBA programming. It is very difficult, but I will do my best to learn it.

以下の数式を入れます。

=EXTGPD(E4)

日本語訳がしっかりされていますね!

コードの説明

ChatGPT APIと連携するVBAコードについて説明をします。

ChatGPTへの質問内容を取得します。セル改行コードは”\n”に置き換えます。

strTextToPredict = Replace(strInput, Chr(10), "\n")

リクエスト先のURLを設定します。

apiUrl = "https://api.openai.com/v1/completions"

XMLHTTPオブジェクトをセットします。

Set objhttp = CreateObject("MSXML2.XMLHTTP")

リクエストのヘッダーを設定します。

.Open "POST", apiUrl, False
.setRequestHeader "Content-Type", "application/json"
.setRequestHeader "Authorization", "Bearer " & APIKey

リクエスト文を作成します。

strRequestBody = "{""model"":""" & strModel & """, ""prompt"":""" & strTextToPredict & """, ""max_tokens"":" & intMaxTokens & ", ""temperature"":0.5, ""top_p"":1}"

リクエストを送信します。

.send strRequestBody

APIからのレスポンスが返るまで待ちます。

Do While .readyState <> 4 DoEvents Loop

レスポンス情報をデバッグします。不要であれば削除してください。

Debug.Print .responseText

レスポンスのテキスト情報をExcel出力用変数に代入します。

strResponse = .responseText

Json形式のデータの内回答テキストがある位置から分割します。

temp = Split(strResponse, "\n\n")

配列数を取得します。

intCount = UBound(temp)

配列分処理を繰り返します。

For i = 1 To intCount Next i

最後の回答を代入します。

temp2 = Split(temp(i), """,""") strOutput = strOutput & Chr(10) & Replace(Replace(temp2(0), "\n", Chr(10)), "\", "")

最後の回答以外を代入します。

strOutput = strOutput & Chr(10) & Replace(Replace(temp(i), "\n", Chr(10)), "\", "")

関数に回答内容を渡します。

EXTGPD = strOutput

VBAの実装手順

実装手順は以下の通りです。

Excel側にVBAを実装していきます。

①Excelを新規に開き、「開発」タブをクリックし、「VisualBasic」をクリックします。
もしくはショートカットキー「Alt」+「F11」でもOKです。

②標準モジュールを追加します。
左ペインのVBAProjectを右クリックし、「挿入」、「標準モジュール」を選択します。

③右ペインのウインドウに上記のVBAを入力します。

こちらで完了です。

VBAを実行する

では早速VBAの実行をしてみましょう。

①「開発」タブの「VBA」をクリックし実行したいマクロを選択し、「実行」をクリックします。

②処理がされたことが確認できれば完了です。

さいごに

いかがでしょうか。

今回は、

・ExcelのセルにChatGPTの回答を出力する方法
・Excelワークシート関数を使いChatGPT APIと連携する方法

についてまとめました。

また、他にも便利な方法がありますので、よろしければご参照頂ければと思います。



この記事の関連キーワード

こちらの記事の関連キーワード一覧です。クリックするとキーワードに関連する記事一覧が閲覧できます。









2 件のコメント

    • いつもご利用ありがとうございます。

      「#NAME?」となってしまう事象についてはFunctionで設定した関数名とセルに入れた関数名が一致していないことが原因となりますので、
      関数名が位置しているか、またマクロが有効になっているかご確認いただけますでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です