VBAの代表的なエラー一覧!原因と対処方法も!

VBAでよく発生する代表的なエラーを一覧化しました。

エラーを把握していれば、いざ遭遇した時に困らないし、対策時間の短縮になりますね。

原因と対策はそれぞれのエラー毎にページを設け説明をしていますので、活用していただければと思います。



VBAエラー一覧

エラー
番号
エラーメッセージ 原因説明および対策ページ
1004 6つの原因と対処方法 VBA エラー 1004の6つの原因と対処方法
424 オブジェクトが必要です。 VBA エラー 424「オブジェクトが必要です。」の原因と対処方法
438 オブジェクトは、このプロパティまたはメソッドをサポートしていません。 VBA エラー 438「オブジェクトは、このプロパティまたはメソッドをサポートしていません。」の原因と対処方法
400 既にフォームは表示されています。モーダルにできません。 VBA エラー 400「既にフォームは表示されています。モーダルにできません。」の原因と対処方法
380 プロパティの値が不正です。 VBA エラー 380「プロパティの値が不正です。」の原因と対処方法
94 Null の使い方が不正です。 VBA エラー 94「Null の使い方が不正です。」の原因と対処方法
93 パターン文字列が不正です。 VBA エラー 93「パターン文字列が不正です。」の原因と対処方法
91 オブジェクト変数または With ブロック変数が設定されていません。 VBA エラー 91「オブジェクト変数または With ブロック変数が設定されていません。」の原因と対処方法
76 パスが見つかりません。 VBA エラー 76「パスが見つかりません。」の原因と対処方法
75 パス名が無効です。 VBA エラー 75「パス名が無効です。」の原因と対処方法
62 ファイルにこれ以上データがありません。 VBA エラー 62「ファイルにこれ以上データがありません。」の原因と対処方法
55 ファイルは既に開かれています。 VBA エラー 55「ファイルは既に開かれています。」の原因と対処方法
54 ファイル モードが不正です。 VBA エラー 54「ファイル モードが不正です。」の原因と対処方法
53 ファイルが見つかりません。 VBA エラー 53「ファイルが見つかりません。」の原因と対処方法
52 ファイル名または番号が不正です。 VBA エラー 52「ファイル名または番号が不正です。」の原因と対処方法
35 Sub または Function が定義されていません。 VBA エラー 35「Sub または Function が定義されていません。」の原因と対処方法
28 スタック領域が不足しています。 VBA エラー 28「スタック領域が不足しています。」の原因と対処方法
20 エラーが発生していないときに Resume を実行することはできません。 VBA エラー 20「エラーが発生していないときに Resume を実行することはできません。」の原因と対処方法
13 型が一致しません。 【VBA】実行時エラー’13’「型が一致しません。」が出た場合の確認箇所と対処方法
11 0 で除算しました。 VBA エラー 11「0 で除算しました。」の原因と対処方法
10 この配列は固定されているか、または一時的にロックされています。 VBA エラー 10 この配列は固定されているか、または一時的にロックされています。の原因と対処方法
9 インデックスが有効範囲にありません VBA エラー 9 インデックスが有効範囲にありません。の原因と対処方法
7 メモリが不足しています。 VBA エラー 7 メモリが不足しています。の原因と対処方法
6 オーバーフローしました。 VBA エラー 6 オーバーフローしました。の原因と対処方法
5 プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。 VBA エラー 5 プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。の原因と対処方法



この記事の関連キーワード

こちらの記事の関連キーワード一覧です。クリックするとキーワードに関連する記事一覧が閲覧できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です