カンタンPower BI! エクセルデータをインポート・更新する

Power BIへエクセルのデータを取り込みたいときはないでしょうか。

けど、そんな中で悩むことは、

・Power BIへエクセルのデータを取り込みたいがやり方がわからない。
・Power BIへエクセルのデータをインポートするにあたり、エクセル側のデータ形をどのようにしたらよいかわからない。
・エクセルのデータをPower BIへ取り込んだ後、データがうまく入らず修正方法がわからない。
・エクセルのデータを更新したが、Power BIへの反映方法がわからない。

ですよね。

今回はそんなお悩みを解決する
Power BIへエクセルデータをインポートし、インポートデータを更新する方法について
まとめます!


Power BIへ取り込むエクセルのデータを準備する

サンプルデータが入力されたエクセルブックを新規作成する

PowerBIへインポートするエクセルのサンプルデータを用意しましょう。

エクセルブックを新規作成し、シート名を「売上データ」、各セルの値を以下のようにします。
※値の内容は変更頂いて構いません。各列の項目名は今後のグラフ表示で利用するのでそのままにしてください。

売上日 商品名 単価 数量 売上金額
2020/4/1 にんじん 50 100 5000
2020/4/1 たまねぎ 30 150 4500
2020/4/1 ほうれん草 100 300 30000
2020/4/1 じゃがいも 30 500 15000
2020/4/15 にんじん 50 300 15000
2020/4/15 たまねぎ 30 100 3000
2020/4/15 ほうれん草 100 200 20000
2020/4/15 じゃがいも 30 350 10500
2020/5/1 にんじん 50 300 15000
2020/5/1 たまねぎ 30 50 1500
2020/5/1 ほうれん草 100 100 10000
2020/5/1 じゃがいも 30 200 6000
2020/5/15 にんじん 50 1500 75000
2020/5/15 たまねぎ 30 1000 30000
2020/5/15 ほうれん草 100 100 10000
2020/5/15 じゃがいも 30 1500 45000

エクセルブックを保存する

エクセルブックを任意のディレクトリへ保存します。



Power BIへエクセルのデータをインポートする基本操作

Power BIは様々なデータを取り込んだり、参照することができます。

それらの元となるデータのことをPowerBIではデータソースといい、
データベースと接続したり、Microsoft 365などのクラウド サービスから
直接データを取り込むことができます。

今回のエクセルはそのデータソースのうちの一つという位置づけとなります。

続いてPowerBIのほうですが、今回ご紹介するPower BIは無料で利用できる「Power BI Desktop」となり、

Windowsにインストールして利用するツールとなります。

タカヒロ
タカヒロ
ブラウザで使うオンラインサービス版のPower BIとは手順が異なりますことご了承願います。

では早速Power BI Desktopを使ってエクセルデータをインポートをしてみましょう。

エクセルデータをインポートする

Power BIを起動し、Excelからデータをインポートするを選択します。

もしくはホームタブのExcelを選択します。

Excelのボタンが独立して存在することから、Excelはよく使われるデーターソースに位置付けられているということがわかりますね。

保存したエクセルファイルを指定する。

ファイル選択ウインドウが表示されたら、保存したエクセルファイルを指定しましょう。

PowerQueryエディターでデータ形を確認する

読み込む前に「ナビゲーター」の「データの変換」を選択し、まずはデータ形を確認します。

PowerQueryエディターが表示されたら、テーブル上部にある、各列のタイトル横のアイコンが意図されたデータ形であるか確認をします。
例えば、日付である場合は「カレンダー」のアイコン、数字であれば「123」のアイコン、文字であれば「ABC」のアイコンになっているかという感じで確認します。

タカヒロ
タカヒロ
データ形はPowerBI側で自動で判定されますので、意図されたものになっているか必ず確認するようにしましょう。

データ形が異なっていれば訂正する

データ形が異なっていれば訂正しましょう。

異なるデータ形になっている列のタイトルを右クリックし、
型の変換を選択し、訂正するデータ型をクリックします。

タカヒロ
タカヒロ
列に入力されている値が文字列、数字の混合である場合、テキスト型が優先されます。

データ型をPowerBIへ適用する

ホームタブの閉じて適用ボタンをクリックし、PowerBI側へデータ型を適用させます。

データの読み込みが完了したら完成です!

インポートされたデータを確認する

左サイドメニューのデータボタンをクリックし、生成されたテーブルを表示させ、

テーブル内のデータおよびデータ型が想定通りか確認します。

つづいて同じく左サイドメニューのモデルボタンをクリックし、モデル内に生成されたテーブルが表示されることを確認します。

PowerBIファイルを保存する

タカヒロ
タカヒロ
データがうまく取り込めていなかったり、値が異なっていればExcel側の値を修正するようにしましょう。

インポートしたデータが問題ないことを確認したら、PowerBIファイルを保存します。
ホームタブの保存、または名前を付けて保存を選択し、任意の名前で保存します。

エクセルからインポートしたPowerBIのデータを更新する

インポートしたデータを更新してみましょう。
PowerBIは一度インポートをするとその設定が保持され、データ元と連携がされている状態になっています。
ですので、データ元のエクセル側のデータに更新があった場合、PowerBI側で更新することができます。

ホームタブの更新ボタンをクリックします。

読み込みが完了したら完成です。

タカヒロ
タカヒロ
なお、再度データの取得からデータをインポートすると、更新はされず新規にテーブルが作成されてしまいますのでご注意ください。



さいごに

いかがでしょうか。

今回は、
Power BIへエクセルデータをインポートし、インポートデータを更新する方法について
まとめました。

また、他にもPowerBIの操作方法を載せていきますので、よろしければご参照頂ければと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です