Power BIのテーブル行カウント方法5選!COUNTROWS以外も多数!

Power BIのテーブル行カウント方法5選!COUNTROWS以外も多数!

Power BIのテーブル行をカウントしたいときはないでしょうか。

けど、そんな中で悩むことは、

・Power BIのテーブル行をカウントする方法がわからない
・Power BIのテーブル行をカウントしたいがやり方がいくつもありどれを採用してよいかわからない

ですよね。

今回はそんなお悩みを解決する

・Power BIのテーブル行カウント方法5選
・COUNTROWS関数の他に、COUNT/COUNTA/COUNTAX/DISTINCTCOUNT関数の利用例

についてまとめます!

Power BIで行をカウントするメジャーな方法

Power BIで行をカウントする際によく使用されるメジャーな方法は、COUNTROWS関数を使うことです。
COUNTROWS関数は特定のテーブルまたはテーブル式の行数をカウントします。

タカヒロ
タカヒロ
COUNTROWS関数でサンプルデータを交えてカウントできるかみてみましょう。

COUNTROWS関数について

COUNTROWS 関数は、Power BI の DAX (Data Analysis Expressions) の中で使用される関数の一つで、指定されたテーブルまたはテーブル式の行数をカウントするために使用されます。この関数の基本的な構文は非常にシンプルです。

COUNTROWS 関数の構文

COUNTROWS(<テーブル>)

<テーブル>: 行数をカウントするテーブルの名前またはテーブルを返す式。

使用例

単一テーブルの行数をカウントする場合テーブル名を直接指定して行数をカウントします。
例では、Products テーブルの全行数がカウントされます。

TotalRows = COUNTROWS(Products)

フィルターを適用したテーブルの行数をカウントする場合

FILTER 関数などを組み合わせて、条件を満たす行のみをカウントすることができます。

以下では、Products テーブルの中で Category が “Fruits” である行のみをカウントしています。

CountOfFruits = COUNTROWS(FILTER(Products, Products[Category] = "Fruits"))

COUNTROWS 関数は、テーブル全体のサイズを把握するのに役立つだけでなく、
フィルタリングされたデータセットや集計テーブルの行数を知るのにも役立ちます。

次で具体的なデータを使いカウントしてみましょう。

データセットの準備

以下のようなデータをExcelで用意します。

シート名は「商品一覧」とし、任意の場所へ保存してください。

次はPowerBIへ取り込みます。

PowerBIへサンプルデータを取り込む

エクセルで作成した「商品一覧」シートをPowerBIへ取り込みましょう。

リボンメニューのエクセルアイコンを選択し、

作成したエクセルファイルを選択し取り込みます。

PowerBIのデータに「商品一覧」テーブルの表示があることを確認してください。

できましたでしょうか。

メジャーを追加する

作成したテーブルにカウント用のメジャーを追加します。
テーブル名右端のの「…」を右クリックし、「新しいメジャー」を選択します。

入力フィールドへ以下のDAX式を入力し、チェックをクリックします。

行数カウント= COUNTROWS('商品一覧')

行カウントされているか確認

行カウントされているか確認してみましょう。

右の視覚化メニューから「テーブル」アイコンをクリックし、列に「行数カウント」を指定します。

はい、行数がカウントされていますね!

その他の行カウントできる関数

その他の行カウントできる関数について説明をします。

COUNT 関数

特定の列内の数値の行数をカウントします。

行数カウント = COUNT('商品一覧'[ID])

この例では、商品一覧テーブルのID列内の数値の行数をカウントしています。

COUNTA 関数

特定の列内の非空白値の行数をカウントします。

行数カウント = COUNTA('商品一覧'[ID])

商品一覧テーブルのID列内の非空白の行数をカウントしています。

COUNTAX 関数

指定したテーブルの各行に対して評価された式の非空白値の数をカウントします。

行数カウント = COUNTAX('商品一覧', '商品一覧'[ID])

商品一覧テーブルのID列内の非空白の行数をカウントしています。

タカヒロ
タカヒロ
COUNTA/COUNTAX関数は対象列の値が空白であるとカウントされませんので気を付けましょう。

DISTINCTCOUNT 関数

特定の列内のユニークな値の数をカウントします。

行数カウント = DISTINCTCOUNT('商品一覧'[ID])

商品一覧テーブルのID列内のユニークな値の数をカウントしています。

タカヒロ
タカヒロ
DISTINCTCOUNT関数は重複がある場合1カウントになりますので、ご注意ください。

さいごに

いかがでしょうか。

今回は、

・Power BIのテーブル行カウント方法5選
・COUNTROWS関数の他に、COUNT/COUNTA/COUNTAX/DISTINCTCOUNT関数の利用例

についてまとめました。

また、他にも便利な方法がありますので、よろしければご参照頂ければと思います。

タカヒロ
タカヒロ
私も実践した、当サイトだけのPower BIを最短で習得できる方法をまとめましたので、Power BIは難しいなとおもったらこちらもご覧ください。
Power BIをカンタン習得できるおすすめ本! 最短習得方法も!

Power BIをカンタン習得できるおすすめ本!裏技|最短習得方法も!



この記事の関連キーワード

こちらの記事の関連キーワード一覧です。クリックするとキーワードに関連する記事一覧が閲覧できます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です