Power BIの初心者向け手引き!始め方からグラフ作成までサクッと紹介!

業務でBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを使って、データ分析をするケースはないでしょうか。

売上の推移をまとめたり、業務実態をまとめたり、市場調査の結果をまとめたり
業態により多種多様な分析を行っているかと思います。

そんな中で悩むことは、

・Excelでデータ分析をしているが、数式やグラフの作りが複雑でわけがわからない。
・既存のBIツールが古すぎて使い物にならない。
・個人でもっと手軽にデータ分析ができるツールがほしいがなにがよいかわからない。
・BIツールを導入したいが膨大なコストがかかり、選定に悩む。

ではないでしょうか。

そんなお悩みを解決できるツールが、
マイクロソフトから提供されているPower BIです。

Power BIはこれまで手作業で行う必要があったデータ構造の定義やデーター間のリレーションなど初心者が行うには難しかった作業をBIツールが自動的におこなってくれる初心者にとても優しいツールです!

さらにデスクトップアプリのPower BI Desktopだと無料で使えてしまう太っ腹ぶりです!

Microsoft365を導入している企業であれば使わない手はないですね。

今回は、そんなPower BIを使ってできることや、始め方やグラフ作成の具体例についてご紹介します!


Power BIってなに?

Power BIはマイクロフトが提供しているBI(ビジネスインテリジェンス)ツールです。

売上データなどデータを用意すれば、データ取り込み、分析、グラフ表示まで半自動でおこなってくれ、
データ分析に慣れていない初心者でもマウス操作だけで簡単にデータ分析ができるツールです。

Power BIのできることは以下のとおりです。

POINT・各種データの取り込み
・データの処理(抽出、変換、統合など)
・データテーブル間の関連付け
・グラフの作成・表示
・レポートの作成

最大の特徴はMicrosoftの各サービスやOffice関連ツールとの連携がとれることです。

データをとりこみたいな、といった場合には、
Dynamics 365、Azure SQL Database、Salesforce、Excel、SharePoint など、
数百ものデータソースに直接接続できます。

タカヒロ
タカヒロ
特に良く使うExcelは専用のデータ取り込みボタンが用意されていて便利です。

データ分析の結果をおなじみのExcel、PowerPoint、またはPDFへ出力できます。

またPowerBIのファイルを共有する場合はMicrosoft365配下に展開すれば、セキュアな環境で保護されます。

タカヒロ
タカヒロ
データ分析の情報は機密情報や個人情報が含む場合が多いので、安心ですね。

あとは、PowerBIはノンコーディングでデータ分析ができます。

データテーブル間のリレーションを行おうとするとSQLを書く必要がありましたが、それがマウス操作だけでできてしまいます。

合計計算やIFの条件なども数式を入れずに同じくマウス操作でできます。

タカヒロ
タカヒロ
扱いやすいPowerBIに慣れてしまうとExcelでPowerPivotやグラフを扱うことが苦痛になるのが難点ですね…
それだけPowerBIはすぐれものという訳です。



PowerBIの導入方法

PowerBI Desktopをインストールする

早速PowerBIをインストールしてみましょう。

まずは無料でできる「PowerBI Desktop」を対象とします。

こちらへアクセスし、

ダウンロードボタンをクリックします。

タカヒロ
タカヒロ
企業の業務PCへインストールする場合は、部署の許可をもらった上で実施しましょう。

ダウンロードが完了したら、インストーラーをクリックしインストールします。

アイコンができれば完成です。

データを取り込む

データを取り込んでみましょう。

以下のようなエクセルのデータファイルを準備します。

売上日 商品名 単価 数量 売上金額
2020/4/1 にんじん 50 100 5000
2020/4/1 たまねぎ 30 150 4500
2020/4/1 ほうれん草 100 300 30000
2020/4/1 じゃがいも 30 500 15000
2020/4/15 にんじん 50 300 15000
2020/4/15 たまねぎ 30 100 3000
2020/4/15 ほうれん草 100 200 20000
2020/4/15 じゃがいも 30 350 10500
2020/5/1 にんじん 50 300 15000
2020/5/1 たまねぎ 30 50 1500
2020/5/1 ほうれん草 100 100 10000
2020/5/1 じゃがいも 30 200 6000
2020/5/15 にんじん 50 1500 75000
2020/5/15 たまねぎ 30 1000 30000
2020/5/15 ほうれん草 100 100 10000
2020/5/15 じゃがいも 30 1500 45000

ホームタブのExcelを選択します。

ファイル選択ウインドウが表示されたら、保存したエクセルファイルを指定しましょう。

取り込みが完了したら、

生成されたテーブルを表示させ、

テーブル内のデータおよびデータ型が想定通りか確認します。

はい、無事とりこまれていますね。

項目名がうまく設定されていなかったり、取り込めていない場合は以下の記事をご参照ください。

カンタンPower BI! エクセルデータをインポート・更新する

グラフを表示する

グラフを表示させてみましょう。

まずは棒グラフを作ってみます。

右サイドメニューの可視化ペインにある左上の積み上げ横棒グラフボタンをクリックします。

ページビューに空の積み上げ横棒グラフが挿入されましたね。

フィールドペインで「売上日」を「軸」へ、「商品名」を「凡例」へ、「売上金額」を「値」へドラッグしてグラフへ適用させます。

積み上げでグラフが表示されましたね。

 

詳細は以下の記事をご残照ください。

カンタンPower BI!積み上げ縦棒・横棒グラフを表示させる

タカヒロ
タカヒロ
データ取り込みからグラフ作成までカンタンにできることがわかりましたね。
次にいろいろな使い方をまとめた記事をご紹介します。




PowerBIでデータを取り込んでみる

まずははじめの一歩。
PowerBIでデータを取り込む方法を紹介しています。



PowerBIでデータテーブルを関連付ける

PowerBIでデータテーブルを関連付ける方法を紹介しています。



PowerBIでグラフを作成をしてみる

PowerBIで様々なグラフを作成する方法を紹介しています。



PowerBIでマップ表示をしてみる

PowerBIでマップ表示をしてグラフを作成する方法を紹介しています。

タカヒロ
タカヒロ
市町村などマップ表示されない地図情報がありますので注意しましょう。



PowerBIで作成したグラフにフィルタで条件を追加してみる

PowerBIで作成したグラフにフィルタで条件を追加する方法を紹介しています。

タカヒロ
タカヒロ
フィルターの消し忘れに注意しましょう。
データ集計していると、あれ?数があわないなという時がありますが、
フィルターの消し忘れが原因だったりします。。。



さいごに

いかがでしょうか。

今回は、
Power BIを使ってできることや、始め方やグラフ作成の具体例について
まとめてみました。

あまり知られていないマイナーなツールのPower BIですが、

初心者でも専門家並みのデータ分析が手軽にできることがわかりましたね。

ぜひ業務に導入してみてください。

タカヒロ
タカヒロ
私も実践した、当サイトだけのPower BIを最短で習得できる方法をまとめましたので、Power BIは難しいなとおもったらこちらもご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です