Excelショートカットキーで行・列を一瞬で削除/追加する

エクセルの表に行や列を追加したり削除したりするケースは多いと思います。
その時にマウスの右クリックからの操作をすると少々面倒ですよね。
今回はそのようなときに一発で行や列の挿入・削除ができるショートカットキーをご紹介します。



行・列の削除または追加のショートカットキー

行・列の挿入
追加したい行・列を選択後Ctrl+を押すと行・列の挿入ができます。

行・列の削除
削除したい行・列を選択後Ctrlを押すと行・列の削除ができます。

※ノートパソコンなどテンキーがなく+を直接打てない場合はShiftを加えてください。
行・列の挿入
CtrlShift+

行・列の削除
CtrlShift

また、選択するショートカットキーもありますので覚えておきましょう。
列全体を選択
CtrlSpace

行全体を選択
ShiftSpace

では、下記のエクセルデータをもとに使い方を見てみましょう。

行・列の削除または追加のショートカットキーの使い方

元の表はこちらになります。
3行目と4行目に行を追加したいと思いますので、その場合は4行目の行を選択します。
選択のショートカットキーを利用する場合は、4行目のセルを選択し、ShiftSpaceを押します。

次にCtrl+CtrlShift+)を押します。
はい、空の行が追加されました。

次に、さらに2行同時に追加したいと思います。
追加したい行の下2行を選択します。

次にCtrl+Ctrl)を押します。
はい!空の2行が追加されました。
複数追加するテクニックは便利ですのでぜひ覚えておいてください。

次に行を削除したいと思います。
今回削除する範囲は追加した4、5、6行目としたいと思いますので、3行を選択します。

Ctrlを押します。
はい!選択した3行がうまく消えましたね。



おわりに

いかがでしょうか。よく使う操作はショートカットキーを利用すると断然早くなることがわかったかと思います。
他に100種類以上のショートカットキーを載せたショートカットキー一覧ページもご用意しておりますのでぜひ参考にしてください。

【Excelテクニック】Excelショートカットキー一覧 厳選100種以上!おすすめ度でランク付け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です